184 件のデータセットが見つかりました

組織: 岐阜県 危機管理部 下呂市 グループ: 司法・安全・環境 フォーマット: KML タグ: 土砂災害特別警戒区域

フィルタ結果
  • 自然公園マップ

    本県には、3千m級の高山が連なり、ライチョウで名高い中部山岳国立公園と、白山を主峰とする高山植物が豊かな白山国立公園の2つの国立公園のほか、飛騨木曽川国定公園、揖斐関ヶ原養老国定公園の2つの国定公園があります。また、薩摩藩士の宝暦治水で作られ鹿児島県との姉妹提携の基と築いた千本松原県立自然公園(海津市)、ひるがの湿原や清流長良川の渓谷美を持つ奥長良川県...
  • 自然歩道マップ

    岐阜県内の「東海自然歩道」と「中部北陸自然歩道」のコース
  • 土砂災害特別警戒区域(レッドゾーン)GISデータ 岐阜地区

    土砂災害特別警戒区域のGIS用データ(Shapefile)です。 「GISデータ利用時の注意事項」を読んだ上でご利用下さい。 対象地域:岐阜市、各務原市、本巣市、山県市。 令和3年3月31日時点のデータ。
  • 土砂災害特別警戒区域(レッドゾーン)GISデータ 西濃地区

    土砂災害特別警戒区域のGIS用データ(Shapefile)です。 「GISデータ利用時の注意事項」を読んだ上でご利用下さい。 対象地域:大垣市、海津市、養老町、垂井町、関ケ原町、揖斐川町、大野町、池田町 。 令和3年3月31日時点のデータ。
  • 土砂災害特別警戒区域(レッドゾーン)GISデータ 中濃地区

    土砂災害特別警戒区域のGIS用データ(Shapefile)です。 「GISデータ利用時の注意事項」を読んだ上でご利用下さい。 対象地域:関市、美濃市、郡上市、美濃加茂市、可児市、坂祝町、富加町、川辺町、七宗町、八百津町、白川町、東白川村、御嵩町 。 令和3年3月31日時点のデータ。
  • 土砂災害特別警戒区域(レッドゾーン)GISデータ 東濃地区

    土砂災害特別警戒区域のGIS用データ(Shapefile)です。 「GISデータ利用時の注意事項」を読んだ上でご利用下さい。 対象地域:多治見市、瑞浪市、土岐市、中津川市、恵那市 。 令和3年3月31日時点のデータ。
  • 土砂災害特別警戒区域(レッドゾーン)GISデータ 飛騨地区

    土砂災害特別警戒区域のGIS用データ(Shapefile)です。 「GISデータ利用時の注意事項」を読んだ上でご利用下さい。 対象地域:下呂市、高山市、飛騨市、白川村 。 EPSG:4326,WGS84 緯度・経度、4ファイル圧縮済み、令和3年3月31日データ作成
  • 【下呂市】指定緊急避難場所

    下呂市の指定緊急避難場所に関するデータです。
  • 【下呂市】指定避難所

    下呂市の指定避難所に関するデータです。
  • 人的被害、住家等被害、各関係被害等自然災害発生状況

    単位:人的被害=人、住家等被害=棟、り災世帯数=世帯、各関係被害=千円
  • 人的被害、住家等被害、各関係被害等自然災害発生状況(1975~2012分)

    単位:人的被害=人、住家等被害=棟、り災世帯数=世帯、各関係被害=千円
  • 産業廃棄物収集運搬業者一覧

    産業廃棄物処分業の許可を持つ事業者の一覧
  • 令和2年度水質調査結果総括表

    令和2年度公共用水域の水質調査結果総括表です。
  • 令和元年度水質調査結果総括表

    令和元年度公共用水域の水質調査結果総括表です。
  • 平成30年度水質調査結果総括表

    平成30年度公共用水域の水質調査結果総括表です。
  • 降下ばいじんの測定結果

    大気の環境基準達成状況です。降下ばいじんは、大気中の粒子状物質のうち、重力又は雨によって降下するばいじん、粉じん等です。
  • 炭化水素の測定結果

    大気の環境基準達成状況です。炭化水素の中でも、特に非メタン炭化水素は光化学オキシダントの生成に深い関係があり、その多くは石油・石油化学製品を取り扱う工場・事業場や自動車から排出されます。
  • 一酸化炭素の測定結果

    大気の環境基準達成状況です。一酸化炭素は、物の不完全燃焼により生ずるものであり、その発生源は、大部分が自動車によるものです。
  • 微小粒子状物質(PM2.5)の測定結果

    大気の環境基準達成状況です。微小粒子状物質(PM2.5)は、大気中に浮遊する微小粒子状物質であって、粒径が2.5μmの粒子を50%の割合で分離できる分粒装置を用いて、より粒径の大きい粒子を除去した後に採取される粒子をいいます。
  • 光化学オキシダントの測定結果

    大気の環境基準達成状況です。光化学オキシダントは、窒素酸化物や炭化水素類が紫外線を受けて光化学反応を起こし、二次的に生成される酸化性物質で、光化学大気汚染(いわゆる光化学スモッグ)の原因物質とされ、その発生は気温、風向、風速、日射量等の気象条件に大きく左右されます。