岐阜県共通フォーマットの取り組みについて

県と市町村で共通フォーマットのオープンデータを公開しています。

オープンデータの取り組みを加速し、より効果的な活用のため、県と県内市町村(42団体)で共通フォーマットを作成し、県内広域データとして公開していくこととしました。(データを水平統合)

共通フォーマットで作成したデータについては、作成者の違いに関係なく広域データとして活用することが可能となります。

<共通フォーマットで公開しているデータ>

共通フォーマットで公開するデータは、データニーズも踏まえながら、対象を増やしていきます。

題名から各データにリンクしています。

※データの水平統合の活動は、岐阜県と県内市町村で構成する「岐阜県電子自治体推進市町村・県連絡協議会」オープンデータ・GIS促進部会にて実施しています。